ネコの不思議な習性

ネコの不思議な習性

猫、習性

うちのネコだけに限らないと思いますが、
ほんとに狭いところが好きですね。

引き出しを出して整理していたら、
その引き出しがあったスペースに入り込む。

宅配便が届いて中身を出したら、
代わりに入り込む。

旅行の準備をしていると、カバンに詰めようとして
猫が入っているのにビックリ!なんてことも。

そんな猫の行動に驚かされるも、癒されていることも事実。

なぜそんなに狭いところが好きなのか、
ちょっと調べてみたところ…諸説あるみたいですね。

猫が人に飼われず野生で生活していた時代に、
獲物を他のものにとられないために狭く暗い所に
運んで食べていたものが今でも習性として残っている
、とか

怪我や病気の時なども一人でじっと体力を温存し回復を
させるため
、やら

猫は自分の体の一部が何かに触れていると安心するため
、など。

これだけ色々な説があるってことは、
まだまだ人間には解明できない不思議な習性
ということでしょうか。

また、ウンチ・ハイなるものがあることを最近知りました。

うちの茶トラは夜、突然大運動会を始める時があり、
それを前の飼い主さんに何気なく話したところ、
「それはウンチをした直後ではないですか?」と。

気を付けて見てみると、確かにトイレから出てきてから、
猛ダッシュを始めたのです Σ(@△@)
どうやらこれが、”ウンチ・ハイ”というものらしい。

Advertisement

これまた原因は諸説ありました。

①縄張り
縄張りを持つ猫は狩りへの道筋や高い場所に
うんちをすることがあり、さらにこのうんちは
砂で隠さないようです。しかし目立つところで
うんちをするのは隙だらけで非常に危険、
猫としてはかなりの大仕事ということで
テンションがあがるという説。

②臭いから逃げる
野生で生活してる猫はうんちやおしっこの
臭いがすると周囲の捕食者に見つかってしまいます。
その場から離れるためにダッシュするための
ハイテンションという説。
猫は排泄物を砂で隠すのもそのためかと。

③交感神経、副交感神経のスイッチがかわる?

トイレ中は落ち着いてするために副交感神経系が
刺激され、トイレ後はその反動で交感神経系が
刺激されハイになるとんだとか。

④気分がよくなって

単純にすっきりして軽くなったことで
ご機嫌になってハイテンションでかけずり回る!

ふーん、なるほど。と思いましたが、
良く考えるとトイレから出た一番汚れた状態の
あんよで、家中を駆けまわっておられたんですね…

ねこカテゴリの最新記事