ワーファリンを飲み忘れたら…

ワーファリンを飲み忘れたら…

sle,薬の飲み忘れ,プレドニン,ステロイド,ワーファリン

私はワーファリンを就寝前に飲むよう指導されています。
担当医の判断で、就寝前が一番吸収が良いからとのこと。

飲み忘れちゃいそうだから食後じゃダメですか?って聞いたことがあるのですが、
一番効きが良いのが就寝前だからダメだって言われてしまいました。

でも寝る前なんて、忘れちゃったらどうしよう…と心配で、初めの頃は寝室の前や階段に置いたり、色々工夫してみたのですが、おかげで一度も飲み忘れることなく何とかやってきました。

なのに!!油断が出たのでしょうね。
昨日、ついにやってしまいました。朝起きて、しまったーーー!と、、、、

あわててネットで調べました。

そしたら、ちゃんと「飲み忘れたときの注意点」なんて情報がありました…

■飲み忘れた場合、当日の服用予定時間の12時間以内であれば服用が可能
■服用予定時間より12時間を超えてしまったら、翌日のいつもの時間に服用する
■飲み忘れても、絶対に2回分を一度に服用しない

薬を飲み忘れたときには、当日の服用予定時間の12時間以内なら服用が可能であること、12時間を過ぎたら翌日のいつもの時間に服用すること、その際には前日の分を一緒に服用しないことを必ず伝えましょう。体調が良いと服用を忘れる人がいますが、処方通りの服用をきちんと守ること、またお正月やゴールデンウィークなどの長期の休みに、薬が切れないように注意することも伝えましょう。

私の場合、だいたい22時頃に毎晩飲んでいたので、12時間経ってない!セーフ!!
急いで飲みました。

でもこれがプレドニンだったらどうなんだろう。
プレドニン(ステロイド)は1㎎減量しただけでも次の日に離脱作用が出たので
飲み忘れるなんてことしたら大変です。

ステロイド離脱症状とは
ステロイド剤を多量投与すると副腎皮質からのホルモン分泌機能が低
下します。また、長期投与すると徐々に副腎が萎縮することがあります。
そのため、ステロイド剤の急激な中止や減量は体内の副腎皮質ホルモ
ンを枯渇させ、強い倦怠感、吐き気、頭痛、血圧低下などのステロイド
離脱症候群と称される起させることがあります。さらに、もともと治療す
べきだった疾患を悪化(リバウンド)させることもあります。
このためステロイド剤の離脱に際しては、急激な中止・減量とせずに症
状を考慮しながら少量づつ段階的に減量するなどのこまやかな治療計
画が必要になります。(よくわかる膠原病より抜粋)

怖いですね。
今後は飲み忘れないように気をつけないと…。

SLE・膠原病カテゴリの最新記事