SLEによる脱毛症状の悩み

SLEによる脱毛症状の悩み

SLE,脱毛

先月から続いている、抜け毛の悩み。

以前にも書きましたが、これはプレドニンによる副作用ではなく、病気の症状が出てきてしまったために起こっているようです。

関連記事
抜け毛に悩む。副作用なのか、病気の症状なのか

Advertisement

そのため、順調に減らしてきていたプレドニンは前回の通院で初めて減らしてもらうことが出来ず、さらには”セルセプト カプセル250”という免疫抑制剤を追加で出されてしまいました。

もう薬が増えるのは嫌だし、プレドニンが減らなければ副作用も減っていかないし、なにより新しいこのセルセプトカプセルって高価だし…

落ち込むことばかりで、次回の通院では「もう脱毛は落ち着きました」って言っちゃおうかなって思ってました。だから、脱毛症状も(抜ける量は)減ってるよね?減ってるよね?って自分に思い込ませようとしたり…

でも現実と向き合うと、はっきりいって抜けてる量は変わらないし、全体の髪のボリュームは明らかにダウンしています。もともと毛が多い方だったので、しばらくは見た目ではわかりにくかったのですが…

色々と調べていたら、やっぱりSLEの症状で抜け毛に悩む人は多く、みなさん苦労しているようです。

やっぱり治療を中途半端にしてしまうなんてもってのほか、ですね。

このまま抜け毛が減らないのに対処していかなければ、いずれ頭皮が見えてしまうようになる可能性もあります。

そりゃあプレドニンの副作用からは逃げたいですが、それは先延ばしになっても、きちんと今の病気の症状と向き合っていかないとまずいなと思い知りました。

だからもし症状が落ち着かなければ先生に正直に話して、免疫抑制剤が増えるだろうしプレドニンは現状維持だろうけど、受け入れて治療していこうって覚悟しました。

通院は今月末。それまでに抜け毛がおさまるなら、これ以上嬉しいことはないですが、そうウマくいくかな。

順調に行ってた治療ですが、最近は自信がありません。

ただ、自分で対策もある程度は出来るようです。

シャンプーする時には最初に丁寧にお湯だけで流してから。
そしてシャンプーは直接髪につけずに手のひらで泡立ててから、やさしくマッサージ。
ドライヤーは長時間使わず、直接頭皮には当てないようにする。

どれだけ影響してくれるか分かりませんが、とにかくこれだけでも実践していって、少しでも抜け毛を抑えられたら良いなと思います。

SLE・膠原病カテゴリの最新記事