入院中のひまつぶしアイテム

入院中のひまつぶしアイテム

sle,入院,ひまつぶし

入院中って、とにかく退屈でした。

特にSLEの場合、プレドニン等の服薬治療で入院初期にだいぶ楽になるので、身体は元気なんですよね。そしてプレドニン効果で眠くならないから、昼も夜も時間がとにかくあまる!

贅沢なのはわかっています。身体が辛くてただ横たわっているだけでも苦痛…そんな患者さんも何度も見ましたから。(ですが、そういう方たちの方があっという間に先に退院していくんですよね)

ただ暇すぎるのも結構困るんですよね。ご飯の時間が待ち遠しくてたまらないなんて悲しすぎる。なので、色々と暇つぶしを見つけようと必死でした。以下、私が実践していた”暇つぶし対策”生活です。

テレビは必要最低限で…

たいていの病院はそうだと思うのですが、テレビカードが必要でした。結構良い値段します。私が入院したところは1000円で800時間でした。1週間程度の入院なら良いのですが、こちとら最低1月半と言われているので、ジャブジャブと垂れ流しにするのはもったいない…。必要最低限にしておりました。それでも、見たい番組を付けているとあっという間に時間も過ぎて、楽しめました。問題は、バラエティを見ている時に笑いたくても笑い声を殺さないといけないところ・・・。スポーツ観戦で熱くなった時もヤバかったです。個室なら気にせず大声出せていいのになって羨ましかったです

読書は図書館の本を活用!

入院前に自宅にあった本をいくつか持参しましたが、あっという間に読み終わってしまいました。初めは新刊をネットで注文して購入したりしたのですが、それも1~2日で読み終わるのでもったいないなぁと思いまして。

そこで、図書館の本をネットで予約して、夫に頼んで週末に取りに行ってもらいました。私の住む市では一人30冊まで借りることが出来ます。15冊まとめて予約して、入れ替わりに15冊返してもらって…と繰り返して限度いっぱいまで借りてもらっていました。小説や料理本、雑誌など色々借りられて大活躍でした!

スマホの通信制限におびえる日々

スマホはネットサーフインの他、ゲームアプリをダウンロードして遊んでいました。ですが、これも使いすぎると通信制限がかかるので、使用量を日々確認しながら使ったりしてました。でも結局超えてしまって、追加料金を払って速度解除する羽目に…

で、分かったのはゲームアプリはあまり容量を使わなかったということです。ゲームによるかもしれませんが(私がやったのはドラクエ3です。最新のはきっと画質も良いのでもっと使うと思います)。Youtubeで動画を見まくったら、すぐ上限が迫ってきますのでお気を付け下さい。

Advertisement

病院の中を探検(さんぽ)

体調が良ければ、身体を動かして良いと言われていたので、点滴が外されてからは良く歩き回っていました。大きな病院であちこちに体重計や血圧計が用意されていたので、無駄に測ったり、売店を覘いたり、外が見られるベンチに行ってぼーっとしたり。ずっとベットに座りきりだと気分も鬱々としてしまうので、気分転換に良かったです。

日記を書く

ノートとペンがあったので、その日のご飯やお見舞いに来てくれた人、治療の経過などをメモしておいてました。なんとなく、その日の記録を残していたって感じですが。携帯のメモ帳なんかに書いてもいいですね。

ラジオ・音楽を聴く

私はポッドキャストを聞いていたのですが、ベットに備え付けのラジオをイヤホンで聞いてる人もいました。これまた面白くても笑えないのが辛かったですが…

料理メニューの考案

我が家は私が入院中、夫が家事をすることになってしまったので(両家両親に頼れず)、四苦八苦して慣れない料理をしてくれていました。もっと外食やインスタントでいいのにって言ったのですが、なんかスイッチ入っちゃったようで、わりと朝晩は毎食手作りしてくれていたようです。

そこで、慣れない夫でも簡単に作れるメニューを考案して、メールしたりしてました。どうやら常にホットプレートを出しっぱなしにしてテーブルで調理する生活だったようなので、ホットプレート料理を中心に。その中で好評だったのが、チャーハン、お好み焼き、焼きそば、チヂミ。

またカレーやシチューをまとめて作ることもあったようなので、それらをアレンジした料理もアドバイス。例えばカレーは次の日ドリアに(ご飯+カレー+卵+チーズでトースターでチン)。

シチューはオムライスを作ってかけると贅沢な一品ですよね。これも中のご飯は白ごはんでOK!(ごはん、オムレツ、シチューの順で乗せるだけ)

結構子供たちにも好評だったようです☆

もしまた入院したら用意していきたいもの

今回の入院ではやらなかったのですが、もしまた再発したり別の病気で入院することがあったら…これを持っていきたいと思うものを挙げます。

◎DVDプレイヤー
 携帯で動画は帯域制限かかる危険がありますが、DVDレコーダーならいつでも見られますよね。テレビのようにお金もかからないし。好きな映画を持参して見られたら良かったなぁと思います。

◎編み物セット
 いや、普段はやらないんですけどね…。編み物の本でも読んでやり方がわかれば、良い時間つぶしになったんじゃないかなぁと思います。マフラーでも完成すれば一石二鳥ですよね!編み物だけでなく、ビーズでアクセサリーを作るキットやタペストリーを作るキットなんかもあるみたいで、チャレンジしてみたいです。

◎塗り絵セット
 大人の塗り絵なんてのが最近流行っているらしいですね。色鉛筆と一緒に持ち込めば、楽しめたかもしれません。絵を描くのが好きなら良さそうですよね。

以上、入院生活のひまつぶし体験でした。

SLE・膠原病カテゴリの最新記事