久しぶりのプレドニン、減量!

久しぶりのプレドニン、減量!

SLE,プレドニン,減量

今日、通院日でした。先月から始まった抜け毛の悩み。

前回の通院ではそれを伝えた為にプレドニン量は減らず、セルセプトを増やされると言うことになり…

↓前回の記事
SLEによる脱毛症状の悩み

今回も「前よりは改善されているものの、抜け毛が続いている」ことは伝えたのですが、プレドニン量は減らしてもらうことが出来ました!

13mg→12㎎です。

ちょっとビックリ…。ほんとに大丈夫なの?って思ったのですが、どうやら多少なりとも脱毛症状が良くなっているのであれば、問題ないみたいですね。

セルセプトは即効性のあるものではなく、少しずつよくなるものらしいです。

プレドニンの強力さを知っていたため、ついそれと同列で考えてしまいました。

でもそれだけ強力だからこそ、副作用もすごいんですが。

Advertisement

時々ふくらはぎが痛むってことも伝えたのですが、「関節の痛みはないなら大丈夫でしょう」と。

毎回、指先の体温を確認してもらうのですが、それで「調子はとても良いですね」と言われました。

自分じゃ、わからないんですけど…。足の痛みは寒さのせいってことも考えられるのかな。

抜け毛も、季節の変わり目で多少抜けることもあるかもしれないし。

何もかも、ついついSLEの症状では!?って不安になってしまいがちですが、お医者さんが言うなら、SLEとしての症状は落ち着いてるように見えるってことですかね。

ちょっとホッとしました。

8週間ぶりに減らされたプレドニン。

嬉しいな☆

また数日は離脱症状も出るかもしれないけど、それは何とか乗り越えよう。

それよりも副作用、早く減りますように!

SLE・膠原病カテゴリの最新記事